イメージ画像

薬剤師の業務内容とは?

薬剤師の世の中で最も重要な役割を持っているのは調剤の仕事だといえるでしょう。

その中でも、服薬指導は患者さんが安心して薬を服用するためにも大切です。

昔は、医師が発行した処方せんを見てできるだけ早く医薬品をそろえられる薬剤師が優秀な薬剤師とされていたのですが、今はそれよりも服薬指導が大切な意味を持っています。

その中で患者さんの服薬履歴を調べることも急務に含まれるのです。 また、医薬品の管理を行うというのも薬剤師の仕事ですね。 薬の中には、使い方を間違えると大変危険な麻薬や劇薬なども含まれています

これらに対し、正しい管理をして誰かが不正に持ち出したりしないように目を光らせておかなければなりません。

非常に稀な話ではありますが、処方せんを偽造して持ってくる人もいるため、ただ単に処方せんに書かれている内容を間違えなければそれで良いというわけでもないのです。

医薬品の量や種類を間違えていないか、使う意図が適切かどうかということも確認し、安全性が確認された場合のみに処方をします。

それだけでなく、処方歴と処方せんをを見比べ、飲み合わせに問題がないか確認することも大切です。

このように専門的な仕事が含まれるということになると、薬剤師は非常に難しいお仕事なのではないかと心配になる方もいるでしょう。

確かに専門的な知識を必要としますが、そういったことは資格を取る中で学んでいくことができます。

大変な仕事であるということはそれだけやりがいもあるということ。 薬のエキスパートとしてたくさんの患者さんを支えていける仕事でもあるため、高いやりがいを感じながら働くことができるでしょう。

どのような業務を担当することになるか、やりがいが感じられるかというのは職場によっても違ってきます。 今の職場ではどうしても楽しく働けないという場合は職場が合っていない可能性も考えられるので、転職をすることについても検討してみると良いですね。

薬剤師も多くの職場で求められているということもあり、様々な求人情報が出ています。

このページの先頭へ